ニュース&トピックス

活動報告

平成25年度創造都市公民連携研究会を開催しました。 活動報告

 当財団は、公民連携(PPP)による創造都市を目指してきましたが、25年度、熊本市の行政の重点が、桜町再開発に関連するMICE(大規模会議場)の整備に傾いてきましたので、一時足踏み状態でした。しかし、創造性の高い都市経営の重要性が軽視されるべきではないとの観点から、引き続き創造都市論を展開。ボローニャ市の研究に加えて、アメリカの創造都市として関心を集めているポートランド市の研究に取り組むこととし、本年2月20日(木)に第7回の創造都市・公民連携研究会(石原靖也座長)を開催して研究に着手しました。

平成25年度 市町村議会議員 政策フォーラムを開催しました。 活動報告

平成2588日(木)~9日(金)、平成26130日(木)、27日(金)に、3回にわたり市町村議会議員政策フォーラムを開催しました。テーマは、第1回「地方議会の運営の改革を考える」、第2回「少子・高齢化時代の地域経営」、第3回「市町村予算の見方・考え方」

県下の各大学の教授、准教授、県の管理職の皆様に講師をお願いしました。また、市町村議会議員、NPO理事長、地域リーダー等の皆さんに報告者になっていただいて自由討議を行い、議会運営の改革について意見をまとめて、提言書を作成しました。

 

【第1回市町村議会議員 政策フォーラム】 ― 地方議会の改革を考える ―

平成25年8月8日()~8月9日() 桜の馬場 城彩苑

<1日目>

[講 義] 議会運営改革論

熊本県立大学准教授  澤田 道夫氏

[講義と演習] 議会運営改革に関する事例研究・討論

トトハウス代表  前田 芳男氏

熊本県立大学准教授  澤田 道夫氏

<2日目>

[講 義] 参加・協調と地方議会の役割

熊本県立大学名誉教授  荒木昭次郎氏

[講 義] 参議院通常選挙後の政治情勢

崇城大学教授  井芹 浩文氏

[講義と演習] 議会運営改革に関する意見のとりまとめ

トトハウス代表  前田 芳男氏

 

【第2回市町村議会議員 政策フォーラム】―少子・高齢化時代の地域経営―

平成26年1月30日() くまもと森都心プラザ

[講 義] 少子・高齢化社会の実態と問題

熊本学園大学  小川 全夫氏

[講義と演習] 少子・高齢化時代の地域活性化(実例紹介)報告を巡る自由討議

 (ファシリテーター)熊本県立大学准教授  澤田 道夫氏

山都町里山レストラン縁側カフェ指導者  菅 純一郎氏

美里ホールディング理事長  濱田 孝正氏

[講 義] 少子・高齢化時代の地域活性化の課題

熊本県立大学准教授  澤田 道夫氏

 

【第3回市町村議会議員 政策フォーラム】 ― 市町村予算の見方・考え方 ―

平成26年2月7日() くまもと森都心プラザ

[講 義] 県・市町村の予算編成と新年度の課題

熊本県総務部政策審議監  木村  敬氏

[講 義] 地方財政の現状と課題―予算の見方・考え方

熊本県立大学教授  小泉 和重氏

[講 義] 2014 国政県政の展望 さまよえる民意の行方

熊本日日新聞政経部次長  末広  淳氏

 

 

平成25年度政策フォーラム1回.jpg平成25年度政策フォーラム2回.jpg平成25年度政策フォーラム3回.jpg 

ページの先頭へもどる