ニュース&トピックス

活動報告

平成25年11月創造セミナーを開催いたしました。 活動報告

11月30日(土) 10:30~12:00 パレア会議室1

 

熊本赤十字病院救急部長の奥本克己先生より「救急医療とドクターヘリ」と題しご講演頂きました。奥本先生は、まず1枚の写真をみせ、全国的には熊本でなければ撮れない写真と紹介されました。

その写真は防災ヘリとドクターヘリの2機が同時に写っている写真でありました。

元々、熊本県は以前より防災ヘリを利用しドクターヘリの役割として活用してまいりました。2012年にドクターヘリの運航が開始されたことにより2機の協力体制での活動となりましが、地域によっては両機が仕事内容で対立することが多く、連携して運用することは、全国的に例がないことで、この2機の写真は、熊本県独自の体制である象徴的な写真とのことでした。

また、患者を搬送するためのドクターヘリだとの印象が強いですが、実際は医師と看護師を現場に連れて行き、いち早く治療を始めるのが目的とのことです。

救急患者が病院で受ける治療を待機中の救急車の中で行い、その後の搬送は、地域の病院へ救急車であったり、ドクターヘリであったりと、現場へドクターヘリが向ってもヘリでの搬送は半数ぐらいとのことでした。

知っていそうで、知らない事実に大変勉強なりました。命の現場で働かれている方々に敬意を表しますとともに、更なるご活躍を期待したいと思います。

 

ページの先頭へもどる