ニュース&トピックス

活動報告

平成24年11月創造セミナーを開催しました。 活動報告

11月17日(土) 10:30~12:00  桜の馬場 城彩苑多目的交流施設

 

11月17日(土)桜の馬場城彩苑多目的交流施設において、11月創造セミナーを開催しました。衆議院解散直後のセミナーとあって、木村 仁代表理事より「安倍自民党に期待するのか?」と題し、お話し致しました。会員の皆様の大きなの関心事もあり、大いに会場を沸かしました。

 

平成24年度 市町村議会議員 政策フォーラムを開催しました。新聞に記載されました。 活動報告

 平成24年7月3日(火)~4日(水)・10月2日(火)~3日(水)・11月8日(木)~9日(金)と三回にわたり、『市町村議会議員政策フォーラム』を実施しました。フォーラムのテーマとして、第一回「政策を立案してみよう」・第二回「条例案を作成してみよう」・第三回「政策の推進を図ろう」を設定して行いました。講師としては、県立大学総合管理学部教授、熊本の民間コンサルタントを中心に県外からの講師も迎えました。また、五百旗頭 真熊本県立大学理事長の特別講演もありました。参加者は、延べ100人を超えました。参加者のご努力とともに、講師の先生方の熱意もあって、有意義なフオーラムでした。議会のチェック機能とともに、政策提案型の議員の存在も重要です。

 

【第一回市町村議会議員 政策フォーラム】 ― 政策を立案してみよう ―

 平成24年7月3日()~平成24年7月4日() 熊本県立劇場大会議室

<一日目>

 [講 義] 地域活性化への政策の動向~地域力創造に向けた取組み~

総務省地域力創造審議官  門山 泰明氏

 [講義と演習] 政策を立案してみよう~少子化対策に歯止めをかける~

熊本県立大学教授  桑原 隆広氏

<二日目>

 [講 義] 熊本の地域特性と地域活性化政策の潮流

東海大学名誉教授  荒木 昭次郎氏

 [ワークショップ] 生活困窮者の支援のためのケース会議体験講座

トトハウス代表  前田 芳男氏

 

【第二回市町村議会議員 政策フォーラム】 ― 条例案を作成してみよう ―

 平成24年10月2日()~平成24年10月3日() 熊本県立大学CDPセンター

<一日目>

 [講義と演習] 立法の基礎知識と条例を巡る問題事例

熊本県立大学教授  桑原 隆広氏

 [特別講演] 激動の世界と日本

熊本県立大学理事長  五百旗頭 真氏

 [ワークショップ] 空き家対策条例を立案してみよう

トトハウス代表  前田 芳男氏

<二日目>

 [講 義] 国会における議員立法

元衆議院法制局第一部長  上妻 博昭氏

 [講 義] 地域力の発揮による条例づくりのパターンと特徴

 ~市町村に見る条例制定の手法と特色と論点を探る~

東海大学名誉教授  荒木 昭次郎氏

 [ワークショップ] 空き家対策条例を立案してみよう

トトハウス代表  前田 芳男氏

 

【第三回市町村議会議員 政策フォーラム】 ― 政策の推進を図ろう ―

 平成24年11月8日()~平成24年11月9日() 熊本町村会自治会館

<一日目>

 [講 義] 町づくりとコミュニティ

熊本県立大学准教授  澤田 道夫氏

 [ワークショップ] 町づくり、コミュニティの課題を探る

トトハウス代表  前田 芳男氏

 [講 義] どうなる、これからの市町村

熊本県立大学教授  桑原 隆広氏

<二日目>

 [意見交換] 町づくり、コミュニティに関する討論

トトハウス代表  前田 芳男氏

熊本県立大学准教授  澤田 道夫氏

熊本県立大学教授  桑原 隆広氏

 [講 義] 地方分権と議会改革

総務省行政課長  山﨑 重孝氏

 [特別講演] 市町村議会議員に期待する

熊本日日新聞論説委員  山口 和也氏

 

 

 

議員フォーラムⅠ.jpg議員フォーラムⅡ.jpg 

市町村議員フォーラム新聞.JPG市町村議員フォーラム.JPG 

第3回創造懇話会を開催しました。 活動報告

10月25日(木)第3回創造懇話会(ミニ講演会・アートロフト、懇親会・カフェレガル)を開催しました。講師に特定非営利活動法人「一新まちづくりの会」会長 北村直登氏をお招きし、私どもの研究テーマであります創造都市・公民連携に絡めた街づくりについてお話を頂きました。

その後、懇親会では、晴れて来年9月にスタートするNBL1部リーグに、九州では唯一のチームとして熊本から参加することが決まった、熊本プロバスケットボール株式会社の代表取締役、湯之上聡社長より報告があるなど、参加者50名の皆様が交流し、実のある会となりました。

今後も懇話会は、創造くまもと会員各位のご要望に応え、会員相互の交流と連携を進める目的で、活動を進めていきたいと思います。

 

ページの先頭へもどる